ツアー詳細

まち歩きうたき
ツアー番号02
90分/¥2,500(税込)
まっちゃみち散歩
宮古島のメインストリート。西里大通りの歴史と御嶽めぐり

明治末~大正の頃、宮古島の3大産業と言われた「宮古上布」「かつお節」「黒糖」の商売が活発になり、港周辺の商人達は坂の上の畑のあぜ道に、競うように店を構えました。“西里大通り”の誕生です。戦前の西里大通りは、人増税廃止後の島の暮らしを豊かにする役割を果たしました。
太平洋戦争では艦砲射撃や空襲により西里大通も甚大な被害を受けましたが、戦後復興の先頭に立って活躍したのも西里大通りをはじめとする平良の商人たちでした。昭和30~40年頃は、西里大通の第2期黄金時代といっても良い賑わいで、西里大通だけでも百貨店が3店舗、映画館も周辺を含めて4館ほどありました。
宮古島の「まっちゃみち(お店通り)」の歴史や暮らしをたどるお散歩。
普段は気づくこともない路地裏にある、商人達が大切に守ってきた6つの御嶽もお参りします。

まち歩きコース

  • 集合:ピースアイランドホテル前→ 西里大通り商店街(路地裏の6つの御嶽をお参り)→ イーザト→ 公設市場
    ※気候等によりコースを変更する場合があります。
商店街と裏路地をさんぽ。商人たちが大切にしてきた6つの御嶽をお参りし、福をいただきましょう。
昭和初期の商店街の光景。大売出しの日には、店の戸板を街路樹に立てかけ、朱書きのPOPを張り付け、番頭さんがそろばんをもってお客様を呼び込んでいたとか……

商店街の裏にひっそりとたたずむ御嶽(うたき)。商人たちが豊業・商売繁盛、立身出世、子孫繁栄など様々な願いを込めて、代々大切に守ってきた商店街の守り神を巡り、ユー(幸せ)をいただきましょう。
昭和初期の西里まっちゃみち(商店街)ガジュマルの木がお店の前に並び、相当の賑わいだったとか。道路幅は今と同じですが、ずいぶん広く見えますね!まさに”大通り”!
参加条件等
  • おひとりさま¥2,500(税込)
  • 最低催行人数=2名 ※1名の場合¥5,000(税込)で催行
  • 前日17:00までに電話予約要
  • 実施可能日=毎日
  • 時間 ①10:00~11:30 ②16:00~17:30 (90分/時間変更は応相談)
  • 集合場所=ホテルピースアイランド(西里通り)前
もっと詳しく知りたい方へ
・「西里大通りマップ」 ※当日お渡しします